メニュー

転移と再発

ハート

テレビドラマなどで、よく医療関係を題材としたドラマなど見た時にがんの転移や再発などという言葉を聞いたことがあるのではないでしょうか。同じ意味を表しているようでがんの転移と再発は全く意味が違ってくるのです。がんを身体から取り除いても、すぐには完治とされないのは転移や再発といったのが非常に高いためだと言われています。この再発というのは、摘出した場所にがん細胞が残っており抗癌剤治療や放射線治療を行っていてもその場所で再びがん細胞が増殖し悪性腫瘍となることをがんの再発というのです。増殖し、悪性腫瘍となるがんは全てを摘出しない限り増殖して再びその場所に根付き再発する可能性がとても高いのです。しかし、がんを手術などで完全に摘出することはとても難しいのが現状です。そのため、がん患者のがん再発というのは珍しいことではありません。

転移というのは、読んで字のごとく他の場所へがん細胞が移動しており新しい場所に悪性腫瘍として発見されることを転移といいます。がん細胞はリンパや血液に乗って身体のあちらこちらへと移動することが可能です。そのため、身体にがんの悪性腫瘍が発見された時に既に、身体の様々な場所へ目では確認することが不可能な微細ながん細胞が転移している可能性があります。血液やリンパの流れに乗って身体の隅々まで運ばれる微細ながん細胞は、肺、肝臓、腎臓、大腸、最悪脳にまで転移することがあるのです。がん細胞の転移も再発も基本的にはこの細胞の特性といえるでしょう。

RECOMMEND POST

ハート

転移と再発

がんの転移や再発ということばは、よくテレビやドラマなどで耳にすることはないでしょうか。その場で再びがんとして発症した場合は再発、新たな場所に発生した場合は転移といいます。

詳しく見る

病院

転移する場所によって

がんの転移には、大きく分けて2種類の転移があります。治療も比較的やりやすく完治する可能性が高い局部転移と、全身転移といわれる遠隔転移の二種類があり治療法も変わってきます。

詳しく見る

ドクター

再発や転移のサイン

がんの転移や再発を見逃さないようにすることが大切です。がんは、悪性腫瘍を摘出してから5年間再発しないことが重要になってきます。小さな変化を見逃さないことが大切です。

詳しく見る