メニュー

胆のうの治療

カウンセリング

胆のうの病気の治療の今後

胆のうは肝臓から分泌された胆汁を溜める臓器で、食物を消化するのに欠かせない重要な臓器である。胆のうの病気には、胆のうがんや胆管がんなどがあり、60才以上の女性が発症するケースが多い。高齢者人口の増加によって、日本では胆のうがんを患う60才以上の人は増えており、今後も胆のうがんの患者は増えると予測される。胆のうがんの治療は、消化器科の病院で行われており、消化器科を受診する人も増加している。胆のうがんの治療は手術療法が中心で、手術療法が困難な場合には化学療法で治療が行われる。胆のうがんの患者の5年生存率は30パーセントから40パーセントであり、生存率は以前と比べると高くなっている。今後も医学の進歩によって、胆のうがんの生存率はますます高まると予想される。

胆のうの病気の豆知識

胆のうの病気で多いのは、胆石症と胆のうがんである。胆石症は胆道に胆石と呼ばれる石が詰まる病気である。胆石が胆道に詰まると、十二指腸に流れるはずの胆汁が胆のうに逆流してしまい、胆のうがんになるリスクが高まる。胆石症は消化器科の病院で治療することができる。治療方法は胆石の大きさによって異なり、最近は外科手術をせずに、腹腔鏡を使って胆石を除去することが可能になっている。腹腔鏡で除去ができない時には外科手術が行われる。胆石症や胆のうがんは、初期段階では目立った自覚症状がないため、定期検診を受けることが大切になる。胆のうの病気は高齢になるほど患いやすくなるので、高齢者は定期的に健康診断を受けることが胆のうの病気の予防につながる。

RECOMMEND POST

ハート

転移と再発

がんの転移や再発ということばは、よくテレビやドラマなどで耳にすることはないでしょうか。その場で再びがんとして発症した場合は再発、新たな場所に発生した場合は転移といいます。

詳しく見る

病院

転移する場所によって

がんの転移には、大きく分けて2種類の転移があります。治療も比較的やりやすく完治する可能性が高い局部転移と、全身転移といわれる遠隔転移の二種類があり治療法も変わってきます。

詳しく見る

ドクター

再発や転移のサイン

がんの転移や再発を見逃さないようにすることが大切です。がんは、悪性腫瘍を摘出してから5年間再発しないことが重要になってきます。小さな変化を見逃さないことが大切です。

詳しく見る