メニュー

悪性腫瘍の移動

医者と看護師

腫瘍が出来る仕組み

がん細胞が作られる仕組みとしては、人間の体内には数多くの正常細胞が存在しており、その中の1つの細胞に異変が起こって、その異変が起こった細胞が生き残って細胞分裂を起こす事によって、増殖します。その増殖した細胞がいずれ塊となって、腫瘍となり、その腫瘍が悪性に変わる事によってがん細胞が生まれると言われています。そのがん細胞ができている部位以外の場所に移る事を転移と言い、この転移が骨や脳などに起こってしまうと最悪死に至る場合があるため、普段からがん検診を定期的に行う事が大切だと言えます。また、1度がんにかかって、治療した後も別の場所に再発が起きたり、転移している可能性があるため、検診を受ける必要があります。

骨にできた腫瘍

よくがん細胞が骨に転移してしまったら治療が行えないと言われていますが、それは骨の転移に関する専門の医師があまり存在していない事が理由となっています。また、骨にがん細胞が転移してしまった場合には、初期からは気付きにくく、発見された時にはもうすでに進行していたという事も理由として挙げられます。実際に骨に転移したがん細胞のみでは命に直接関わるといった場合は少なく、そのがん細胞が進行する事によって悪化し、悪化した物が命に関わる可能性が高くなってしまう事が言われています。脳腫瘍においても、初期の間であれば手術で切除して完治をする事が可能であるという事が分かっており、悪化が進むと大きくなり、その大きくなったがん細胞が危険な物であるという事が言えます。

RECOMMEND POST

ハート

転移と再発

がんの転移や再発ということばは、よくテレビやドラマなどで耳にすることはないでしょうか。その場で再びがんとして発症した場合は再発、新たな場所に発生した場合は転移といいます。

詳しく見る

病院

転移する場所によって

がんの転移には、大きく分けて2種類の転移があります。治療も比較的やりやすく完治する可能性が高い局部転移と、全身転移といわれる遠隔転移の二種類があり治療法も変わってきます。

詳しく見る

ドクター

再発や転移のサイン

がんの転移や再発を見逃さないようにすることが大切です。がんは、悪性腫瘍を摘出してから5年間再発しないことが重要になってきます。小さな変化を見逃さないことが大切です。

詳しく見る