メニュー

再発や転移のサイン

ドクター

がん細胞が、悪性化することで発生する悪性腫瘍は転移や再発の可能性が非常に高い病気だと言われています。転移は、発生した場所の近くや身体の様々な場所でがんが見つかってしまった場合のことを転移といいます。再発は、外科手術などで取り除けなかったがんが同じ場所に発生してしまうことを再発といいます。根本的には、元のがんが原因による発生ではあるのですが区別するために再発や転移という言葉で分かれているのです。がんの悪性腫瘍などに侵された臓器やその周囲を基本的には外科的治療である手術で取り除きます。がんの戦いは取り除いてから始まるのです。がんは、身体から摘出して再発や転移が5年間見られない場合初めて完治となります。そのため、その間の再発や転移のサインを見逃さないことが大切になってくるのです。再発や転移の前に、元となったがんの特徴を知ることが大切でしょう。元となっているがんの、痛みや特徴を知ることで再発した場合のサインとして抑えておくことができます。元となるがんを摘出して5年間は、少しの不調も疑っておく必要があります。がん細胞の増殖や転移は、血液やリンパの流れによって体中に移動することができるため注意深く観察しておく必要があるのです。

元となるガンが、肺がんである場合は咳などが注意深くなることでしょう。しかし、脳に転移してしまい腫瘍が出来てしまうと脳が圧迫されてしまうことによって記憶障害がでてきます。初期段階では、物忘れだとか小さな頭痛だと思われがちです。しかし、がんの治療中5年はこの傷害を転移だと疑っておく必要があるのです。これらに加えて、定期的な検査や診断を行うことによって転移や再発がないかを確認することが大切です。レントゲンなどのX線検査から始まり、脊髄や脳を調べるためのCTやMRIの画像検査を初め、血液検査も定期的に行っておくことが必要になります。

RECOMMEND POST

ハート

転移と再発

がんの転移や再発ということばは、よくテレビやドラマなどで耳にすることはないでしょうか。その場で再びがんとして発症した場合は再発、新たな場所に発生した場合は転移といいます。

詳しく見る

病院

転移する場所によって

がんの転移には、大きく分けて2種類の転移があります。治療も比較的やりやすく完治する可能性が高い局部転移と、全身転移といわれる遠隔転移の二種類があり治療法も変わってきます。

詳しく見る

ドクター

再発や転移のサイン

がんの転移や再発を見逃さないようにすることが大切です。がんは、悪性腫瘍を摘出してから5年間再発しないことが重要になってきます。小さな変化を見逃さないことが大切です。

詳しく見る