メニュー

浸潤と転移は要注意

相談

がんには色々な種類があり、悪性リンパ腫、肝臓がん、食道がん、肺がんなどかなりの種類が存在しています。がんはその部位で留まるのではなく、別の部位に転移する可能性が非常に高いので注意が必要なのです。化学療法や放射線治療などで症状の進行を食い止める事が出来ますが、完治するためには転移を防ぐ事が必要不可欠であり、再発防止と共に絶対に行わなければならない重要事項の一つとされています。転移が起こるメカニズムとして、血液やリンパ管などにがん細胞が侵入する事で広がっていきます。リンパ管に侵入した時は特に注意が必要であり、リンパ付近には重要な早期などが多いので、転移をさせないように働きかける事は本当に重要な事柄なのです。

がんの転移と共に注意すべき事として浸潤があります。浸潤は元の場所でがん細胞が増え続けると同時に、臓器の壁を突破して別の臓器に転移する症状の事を言います。臓器の壁はそこそこ厚いのですが、がん細胞が長く部位に発生する事で徐々に壁の奥底へと浸透していき、最後には壁の向こう側に辿り着いてしまいます。肺がんや気管支などのように、元々の壁が薄い場合は浸透するスピードも早いですので非常に危険です。肺の周りには心臓などの部位がありますし、転移のスピードを加速させやすい食道なども近いので早めに治療しなければなりません。がんの治療方法として最も効率的なのは、早期発見早期治療ですので、症状が小さい内にトラブルの種を除外する事が一番安全です。浸潤や転移などで別の部位にダメージを与える事には特に注意が必要なので、なるべく早く体から除去するために病院などで診断するようにしましょう。

RECOMMEND POST

ハート

転移と再発

がんの転移や再発ということばは、よくテレビやドラマなどで耳にすることはないでしょうか。その場で再びがんとして発症した場合は再発、新たな場所に発生した場合は転移といいます。

詳しく見る

病院

転移する場所によって

がんの転移には、大きく分けて2種類の転移があります。治療も比較的やりやすく完治する可能性が高い局部転移と、全身転移といわれる遠隔転移の二種類があり治療法も変わってきます。

詳しく見る

ドクター

再発や転移のサイン

がんの転移や再発を見逃さないようにすることが大切です。がんは、悪性腫瘍を摘出してから5年間再発しないことが重要になってきます。小さな変化を見逃さないことが大切です。

詳しく見る