メニュー

卵巣に起こる病気

ドクターとナース

発症原因と対策

女性特有のがんには卵巣がんがあり、これは卵巣に腫瘍ができることで大きくなり、他の臓器に転移する可能性が出てきます。初期症状はほとんどないので非常に分かりにくいところがあり、転移して初めて気づく人も少なくありません。卵巣にできる腫瘍は良性と悪性とがあり、そのほとんどが良性です。しかし、閉経間際の40代から50代で発症が目立ち、乳がんと比べるとその数はそこまで多くはないです。近年は卵巣がんを発症してしまう人が増加傾向にあるので、あなどれない病気となっています。卵巣がんが増えている原因には、未婚者の増加などがあげられ、出産経験の少ないことが大きく関係しています。妊娠・出産がなければ排卵の回数も多くなるので、これが卵巣に負担をかけてしまっているのです。卵巣がんは20代の若い女性でもまれに起きてしまう病気で、遺伝性も強いところがあります。そのことから、卵巣がんを防いでいくには日頃から体調の異変に早く気づくようにし、婦人科での診察も効果的です。

具体的な症状と検査

卵巣がんの初期症状で多いのが、膀胱が圧迫されることで排尿がスムーズにいかなくなることです。そして、腹部のサイズが大きくなったり、生理以外に出血が見られることも起きます。このような症状は、特に異変と感じてしまうような緊急事態ではないため、深刻に思わない人も多いです。けれども、卵巣がんは進行するにつれて転移する危険性も高いので、早めに対処していけなければならないのです。婦人科では症状の疑いがないとしても、卵巣や子宮の検査を行ってくれます。内診で中の様子を確かめていき、触診やエコーでさらに異常がないかどうかを診断してくれます。このような検査で卵巣の腫れが見つかる人も少なくなく、それで卵巣がんかどうかを詳しく確かめていくことなります。女性は特に、婦人科系の病気には注意が必要で、定期的な検査も含めてこういった病院とは長く付き合っていくことが大切です。中でも、出産経験のない人や家族に卵巣がんまたは乳がんになった人がいればその疑いは強くなります。少しでも疑いを感じたら、積極的に診察を受けていくようにしましょう。

RECOMMEND POST

ハート

転移と再発

がんの転移や再発ということばは、よくテレビやドラマなどで耳にすることはないでしょうか。その場で再びがんとして発症した場合は再発、新たな場所に発生した場合は転移といいます。

詳しく見る

病院

転移する場所によって

がんの転移には、大きく分けて2種類の転移があります。治療も比較的やりやすく完治する可能性が高い局部転移と、全身転移といわれる遠隔転移の二種類があり治療法も変わってきます。

詳しく見る

ドクター

再発や転移のサイン

がんの転移や再発を見逃さないようにすることが大切です。がんは、悪性腫瘍を摘出してから5年間再発しないことが重要になってきます。小さな変化を見逃さないことが大切です。

詳しく見る