メニュー

症状に気づきにくい

聴診器

肝臓は私達の体の中の上腹部に位置する場所にある臓器の一つであり、人体にとって必要な物質を生成する向上の役割を担っています。有害物質の分解や除去などの解毒作用を司る部位でもあり、体外に放出するために準備までしてくれます。タンパク質などを合成する働きとグリコーゲンを所蔵する効果があり、血中で必要になるブドウ糖を生成する働きがあります。体にとって非常に大切な部分となっており、機能が働かなくなる事で健康状態をキープするのが難しくなります。肝臓がんは肝臓にがん細胞が付着する事で発症し、正常な働きを阻害する効果があるので治療する必要があるのです。

肝臓がんにはいくつかの種類があります。体にとって必要な栄養素の合成や貯蔵を司る幹細胞に発症する幹細胞がん、胆汁の通り道に発症してしまう胆管細胞がんなどがあります。肝臓がんの殆どがどちらかに分類される事が多く、肝臓の働きを弱める効果があります。がんによる死因の上位に必ず食い込むほどメジャーな症状であり、C型肝炎から発症する可能性が非常に高いようです。肝臓は、本体の動きが悪化する事を想定して呼び行動を用意している事が多いので、肝臓がんになっていると自覚する事が難しく、症状が悪化してから検査を受けるという事が多いです。症状が見つかった時はかなり進行している事が多いので、治療が難しくなり死因に繋がってしまうのです。早期発見が大切ながんとしては相性が悪いですので、定期検診を受けてチェックするのが最良の方法となっています。自分の体のためになりますので、定期検診を面倒くさがらずに受ける事がとても大切です。自分からアクションするしか方法がないので、意識を高く持つ事が重要です。

RECOMMEND POST

ハート

転移と再発

がんの転移や再発ということばは、よくテレビやドラマなどで耳にすることはないでしょうか。その場で再びがんとして発症した場合は再発、新たな場所に発生した場合は転移といいます。

詳しく見る

病院

転移する場所によって

がんの転移には、大きく分けて2種類の転移があります。治療も比較的やりやすく完治する可能性が高い局部転移と、全身転移といわれる遠隔転移の二種類があり治療法も変わってきます。

詳しく見る

ドクター

再発や転移のサイン

がんの転移や再発を見逃さないようにすることが大切です。がんは、悪性腫瘍を摘出してから5年間再発しないことが重要になってきます。小さな変化を見逃さないことが大切です。

詳しく見る