メニュー

転移する場所によって

病院

がんの悪性腫瘍が発見され、治療などで摘出を行っても別の場所にがんの悪性腫瘍ができてしまった場合のものを転移といいます。この転移というのは、大きく2種類に分けることが出来ます。がんの転移の種類によっても性質や特徴が全く違うのです。転移の方法だけで、今後行われる治療方法などが変わってくるのです。転移には、大きく分けて局所転移と遠隔転移に分かれてきます。比較的治療が行い易い転移が局所転移になります。局所転移は、がんの悪性腫瘍がみつかった場所に近くに転移、同じ臓器やその臓器の周辺に転移することを言います。局所転移が比較的治療しやすいのは、転移した場所が局所、同じ臓器や周囲であるためがん細胞がその場所にとどまっているとかんがえられるためです。そのため、がん細胞に侵された臓器の摘出や放射線治療を集中的に行なうことができるのです。集中的に治療を行なうことが可能であるため、がんを完治させる可能性が非常に高いといえるのも局所転移の特徴でしょう。

遠隔転移と言われる転移は、とても厄介ながんの転移になります。悪性腫瘍であるがん細胞が進行してしまい、血管やリンパの流れに乗って身体の様々な場所に転移してしまうことを言います。この遠隔転移で発生率が非常に高いと言われている場所が、血液やリンパの流れが集中している脳や骨、肺といった場所に比較的遠隔転移しやすいと言われています。遠隔転移が起きてしまい、発生場所と離れた場所にがんが見つかってしまった場合は、全身転移と一般的には考えられています。目では確認することができない、小さながん細胞が身体のあちらこちらへと散らばっていると考えられるため大きながんを手術で取り除いたとしても完治できる見込みはとても小さいため、身体の大きな負担となる手術は基本的に手術は行わないのが遠隔転移の特徴です。根本的な解決が今では、見つかっていないのが遠隔転移であるため、がん細胞の増殖を抑える抗癌剤などの治療や痛みのケアなどを行なう治療が基本的な治療法になります。

RECOMMEND POST

ハート

転移と再発

がんの転移や再発ということばは、よくテレビやドラマなどで耳にすることはないでしょうか。その場で再びがんとして発症した場合は再発、新たな場所に発生した場合は転移といいます。

詳しく見る

病院

転移する場所によって

がんの転移には、大きく分けて2種類の転移があります。治療も比較的やりやすく完治する可能性が高い局部転移と、全身転移といわれる遠隔転移の二種類があり治療法も変わってきます。

詳しく見る

ドクター

再発や転移のサイン

がんの転移や再発を見逃さないようにすることが大切です。がんは、悪性腫瘍を摘出してから5年間再発しないことが重要になってきます。小さな変化を見逃さないことが大切です。

詳しく見る