メニュー

がんの中でも治療しやすい

ナース

がんは日本の病気に中でも多く、死因に繋がる事もある危険な病気です。悪性リンパ腫はがんの一種であり、治療方法が確立されているのでがんの中では比較的に対処しやすい症状とされています。年間で数千人程の人が発症しますが、専門病院が設立されているので治療を行う事が出来ます。診断方法として、リンパ節の一部の病巣から細胞を摂取しれ判断する病理検査、X線やレントゲンなどを使って病気の進行度合いを確認する画像診断、腎臓などの部分から血液を採取して病気がないかを確認する血液検査、遺伝子の変異によって発症するがんの元を調査する遺伝子検査などがあります。それぞれ別の観点から調べる事が出来るため有効的な問題が異なります。早期発見ががん治療には大切な事ですので、定期的に検査すると良いでしょう。

悪性リンパ腫の治療方法として、化学療法と放射線療法の二つが主な治療方法です。悪性リンパ腫の治療として手術をするケースは少なく、薬が効かない場合やがんが拡散している場合くらいしか手術は行いません。化学療法は、悪性リンパ腫の原因である細胞を死滅させる方法であり、悪性リンパ腫に有効的な薬の数は年々増えています。これらを患者の状態に合わせて調合する事によって患者向けの治療薬を作成して投与する事が出来ます。副作用なども多いので、担当医の方と相談しながら決めるのが一般的な流れとなっています。放射線治療は、悪性リンパ腫との相性が良い手段であり、放射線を悪性リンパ腫に放射する事で死滅させます。週に5回程行い、一ヶ月以上かけて徐々に少なくしていきます。科学療法を併用する事もあり、体内外から働きかける事で効果を高めます。悪性リンパ腫はがんの中でも直しやすい症状ですので、専門病院に行って医療するようにしましょう。

RECOMMEND POST

ハート

転移と再発

がんの転移や再発ということばは、よくテレビやドラマなどで耳にすることはないでしょうか。その場で再びがんとして発症した場合は再発、新たな場所に発生した場合は転移といいます。

詳しく見る

病院

転移する場所によって

がんの転移には、大きく分けて2種類の転移があります。治療も比較的やりやすく完治する可能性が高い局部転移と、全身転移といわれる遠隔転移の二種類があり治療法も変わってきます。

詳しく見る

ドクター

再発や転移のサイン

がんの転移や再発を見逃さないようにすることが大切です。がんは、悪性腫瘍を摘出してから5年間再発しないことが重要になってきます。小さな変化を見逃さないことが大切です。

詳しく見る