メニュー

転移と再発

ハート

がんの転移や再発ということばは、よくテレビやドラマなどで耳にすることはないでしょうか。その場で再びがんとして発症した場合は再発、新たな場所に発生した場合は転移といいます。

詳しく見る

転移する場所によって

病院

がんの転移には、大きく分けて2種類の転移があります。治療も比較的やりやすく完治する可能性が高い局部転移と、全身転移といわれる遠隔転移の二種類があり治療法も変わってきます。

詳しく見る

再発や転移のサイン

ドクター

がんの転移や再発を見逃さないようにすることが大切です。がんは、悪性腫瘍を摘出してから5年間再発しないことが重要になってきます。小さな変化を見逃さないことが大切です。

詳しく見る

浸潤と転移は要注意

相談

がんには種類があり、部位によって与える効果やダメージが変わります。悪性リンパ腫、肝臓がん、食道がんなどがあり、転移や浸潤が起こらないように早めに発見して治療をスタートする事が大切です。

詳しく見る

がんの中でも治療しやすい

ナース

悪性リンパ腫は専門病院に通院する事で比較的に治療しやすい病気です。薬を使用して治す科学療法と、放射線を活用して治療する放射線治療の二つがあります。早期発見が大切なので、定期的に検査を受けましょう。

詳しく見る

症状に気づきにくい

聴診器

肝臓がんは自覚症状がほとんどなく、気づくくらいの症状が出ている時は症状がかなり悪化している事が多いです。定期検診を受ける事で発見確立を高める事が出来ますので、意識を高く持つようにしましょう。

詳しく見る

転移しやすいので注意

医者

食道がんは、食道に漿膜がないため他の部位にがんが転移する可能性が高いです。初期状態で分かりやすい症状もないので、食道がんになっているという自覚症状がないまま過ごす可能性が高いでしょう。

詳しく見る

悪性腫瘍の移動

医者と看護師

日本の三大疾病とも呼ばれるがんは重い病気であり、状態によっては死に繋がってしまう病気なのです。そのがんが見つかれば取り除く必要があります。しかし、上手く取り除くことが出来ても違う場所に転移してしまうのです。

詳しく見る

卵巣に起こる病気

ドクターとナース

卵巣がんは症状に気づきにくい病気で、大きな異変に気付いたときには転移していたということも少なくありません。出産経験が少なかったり遺伝性が強いことも原因になるので、女性は気を付けなければいけません。極力負担を抑えていくには、定期的な検査で卵巣の状態を確かめることができるので、積極的な診察が大切です。

詳しく見る

胆のうの治療

カウンセリング

胆のうの病気には、胆のうがんや胆管がん、胆石症などがある。いずれの病気も消化器科の病院で治療することができる。胆のうがんは60才以上の女性に多いので、高齢者は定期的に健康診断を受けることが、胆のうがんの予防につながる。

詳しく見る

中高年の男性は注意を

ドクター

日本人の欧米化が進むことによって近年増加傾向にあるとされているのが前立線がんです。また、社会の高年齢かも増加の要因と考えられているのでこれからも増加することが予想されています。前立線がんは病状が進んで転移してしまうまで自覚症状が現れないことが多く、早期発見には定期的な検査が大切です。

詳しく見る

転移や再発の恐怖

ドクターとナース

私達の体は、毎日のように新しい細胞が生まれてきています。新しい細胞が生まれることによって古い細胞と入れ替わることで私達の体は毎日機能を保ち健康で動かし続けることができるのです。毎日のように生まれ変わる細胞は、遺伝子が持っている情報の命令によって様々な場所の細胞へと変化するのです。しかし、年齢が重ねることによって突然変異を起こす細胞が増えてきてしまうのです。なぜなら、若いうちに作られる細胞は遺伝子の命令を忠実に実行するためそのようなことは滅多にありません。歳と取ってくると遺伝子に傷などがついてしまい命令を忠実に実行出来ない細胞があらわれ、それが突然変異した細胞いわゆるがん細胞という細胞なのです。人の体には、防御機能と言われる免疫機能が備わっています。それらは、体を守るために日々活動しており体内で作られる突然変異した細胞の処理を行い、体の外へ排出する機能が備わっています。しかし、加齢やストレスといった様々な事が重なることで、日々生まれてくるがん細胞の1つが大きく変化し成長することで悪性腫瘍というものになってしまうのです。

がん細胞は、健康な人でも毎日数千個のがん細胞が体の中で作られ体の免疫機能によって正しく処理されていると言われています。しかし、日々の生活やストレスが原因で大きく変化してしまったがん細胞が悪性腫瘍にと変化してしまう事があるのです。がん細胞のとても怖いところは、血液やリンパにのることで全身へ移動することが可能ということなのです。血液やリンパというのは、人が生きていくために体を日々駆け巡っています。それに、悪性のがん細胞が流れに乗ることによって、肺や脳といった様々な場所に運ばれそこで根を下ろし悪性腫瘍へと大きく成長していくことがあるのです。がんの転移という言葉を多くの人が聞いたことがあることでしょう。血液やリンパの流れによって転移したがん細胞は全身に転移する可能性があるということなのです。

RECOMMEND POST

ハート

転移と再発

がんの転移や再発ということばは、よくテレビやドラマなどで耳にすることはないでしょうか。その場で再びがんとして発症した場合は再発、新たな場所に発生した場合は転移といいます。

詳しく見る

病院

転移する場所によって

がんの転移には、大きく分けて2種類の転移があります。治療も比較的やりやすく完治する可能性が高い局部転移と、全身転移といわれる遠隔転移の二種類があり治療法も変わってきます。

詳しく見る

ドクター

再発や転移のサイン

がんの転移や再発を見逃さないようにすることが大切です。がんは、悪性腫瘍を摘出してから5年間再発しないことが重要になってきます。小さな変化を見逃さないことが大切です。

詳しく見る